武神館河俣道場(Bujinkan Kawamata dojo)のホームページにようこそ!


はじめに

 

2014年4月、武神館河俣道場を大阪府高石市に開きました。入門希望者募集中です。(現在、高石市立総合体育館、とろしプラザで稽古しています。)

 

武道を真剣にやる気がある方であれば、老若男女を問わず大歓迎です。

興味のある方は、気軽に、見学、体験入門に来て下さい。ご希望の方は、連絡願います。

 

道場長  河俣 裕幸 (士道師 十段 空位)

 


武神館河俣道場の紹介

1.経緯

  ・拳法、空手等の複数の武道を経験。

  ・昭和62年、武道の稽古で負傷し、初見接骨院に通院

           した際、宗家に勧められ武神館に入門。染谷道場に

           所属し稽古を開始。

  ・昭和63年、初段。士道師会に士道師補として入会。

        ・平成2年、三段に昇段。

        ・平成3年、就職を契機に三重県に転居。染谷師範より

            道場を開くことを勧められるも断念。自主稽古、

            関西の合同稽古等に参加。

  ・平成13年、五段昇段。正式な士道師会員となる。

  ・平成14年、千葉県に転居し、稽古を再開。

   本部道場での稽古を開始。

  ・平成21年、十段に昇段。正式に士道師の免状を

            取得。

  ・平成23年10月から大阪府高石市に転居。

  ・平成24年4月、染谷師範、宗家の許可を得て、

            武神館河俣道場を大阪府高石市に開き、高石市立

   体育館で指導開始。

  ・平成28年、一月吉日、十段 空位(十五段)に昇段。

  ・平成28年、三月吉日、宗家より「武風一貫賞」を

   受賞。


2.武神館道場紹介

            九流派の武道を継承した初見良昭(はつみまさあ

           き)宗家が、1970年代初頭に、始められた実戦的な

           武道の道場です。本部道場は、千葉県野田市にあり

           ます。

      現在、50前後の国に道場が有り、10万人以上の

           門人がいます。日本だけでなく、海外から高い評価

           を得ています。

 

    初見宗家が継承された武道は、以下の通り。 

   ・神伝不動流打拳体術 二十六代宗家

   ・九鬼神伝流八法秘剣 二十八代宗家

   ・高木揚心流柔体術  十七代宗家

   ・玉虎流骨指術    二十八代宗家

   ・虎倒流骨指術    十八代宗家

   ・義鑑流骨法術    十五代宗家

   ・戸隠流忍法     三十四代宗家

   ・雲隠流忍法     十四代宗家

   ・玉心流忍法     二十一代宗家


3.道場長紹介

  ・三重県四日市市生まれ。四日市市と鈴鹿市育ち。

        現在、大阪府高石市在住。実家は三重県伊勢市。

  ・三重県立津西高等学校、東京理科大学理工学部工業

           化学科卒業。

  ・趣味は、絵画。美術館、博物館、寺社仏閣、史跡

            巡り。JAZZ等音楽鑑賞。